小粒ルドラクシャのネックレス

b0249499_18421102.jpg

オーダーの品です。
ルドラクシャは新しい実。
絹糸に通し、間にノットを結んで仕上げました。

b0249499_18421412.jpg

絹糸はあまり主張しない茶系。
留めには、オールド水晶。ループ側には金赤ホワイトハート。
ループの色は蘇芳。
ちょっとのポイントが、よいスパイスになったかなと思います。

このルドラクシャは新しい物ですが、身に着けていると変色していきます。

b0249499_18421855.jpg

上が今回納めたネックレス。
下が私が約4年間身に着けているネックレスです。
(お風呂と着物の時以外はほぼしています。)
だいぶ色が変わってきました。(^-^)

新しいルドラクシャが、どんどん深い色になっていく・・・
次にこのネックレスに合うのが楽しみです。

*ルドラクシャ*
ヒマラヤの麓に暮らすシャーマン達が、身に着けていた金剛菩提樹の実です。
長く長く身に着けることで、深い色になり、
表面は摩耗し、滑らかな表情となります。
ヒンドゥーでは、シヴァ神の象徴として、大切にされており
チベットでも、お数珠として使われています。
日本でも、やはりお数珠として使われています。
人々の“祈り”に深く通じるものは、民族を超えて同じなのでしょうか。
一つの素材が、多くの国で、違う人々の手によって、大切ににされていること。
興味深く思います。

[PR]
by marujyu-to-c | 2016-09-15 19:19 | beads | Comments(0)