ターコイズについて

今日は、ターコイズについてのお話を。
marujyu to c で使っているターコイズは、ほとんどがチベットから伝わったアンティークのターコイズ。
加工のされていないナチュラルターコイズです。


b0249499_15441428.jpg


ターコイズは、もろい石なので樹脂を染込ませたりして強化しているという話は、聞いたことがあると思います。
実際、現在ビーズとして使われるターコイズの多くは加工がされています。
でもターコイズは、古代から装飾品として使われていますよね。
樹脂などを染込ませることもなく、そのままの状態で。
古代からだと数千年。
チベタンターコイズでも200~100年の年月を経て、その姿を保っています。

先日、ターコイズが好きなお客様とお話している時に、思い出して読み返した文章を引用します。


 そういうものを宝飾品として売るにはどうするかというと、樹脂を染込ませて発色させる。
 質の悪いトルコ石は軟らかくてもろいので、そうしないと加工に耐えないという理由もある。

 【鉱物と宝石の博学事典】 堀 秀道 編著 より


現代のものの質が全て悪いということでなく、古えのターコイズの質が良かったということなのだと思います。
質が良い石だからこそ、長い年月を経てもその姿を保っているのだと。

アンティーク・ターコイズ、上質のターコイズです!
と自信を持って、お勧めいたします。

石大好き!なアンティークビーズアクセサリー店主からでした。(^-^)


[PR]
by marujyu-to-c | 2017-04-08 15:45 | beads | Comments(0)