<   2016年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

b0249499_20454254.jpg

ボンダ・シードビーズ&サンブル +絹糸

インド・ボンダ族に伝わるシードビーズを使って作ったブレスレットです。
ボンダ族のシードビーズは、ナガなどのネックレスに比べてビーズのサイズが大きめ。
上半身にたすき掛けして使われていた連です。

b0249499_20533402.jpg

辰年の年賀状用に撮った画像の流用です。(^^;

b0249499_20535291.jpg

ビーズの穴も大きめなので、糸も沢山通せる→組める!
という発想から生まれたブレスレットです。(^-^)

b0249499_20454633.jpg

サンブルと呼ばれる紡錘型の金赤ホワイトハートとルドラクシャ(現行品)をあわせました。
組んだ絹糸の先は、ポサポサと解きました。

b0249499_20455033.jpg

腕にすると、紐が垂れて動きがあります。
汗ばむ季節が終わったこれからに似合うブレスレットです。



[PR]
by marujyu-to-c | 2016-09-30 21:02 | beads | Comments(0)

b0249499_12304864.jpg

昨日のお仕事は、このブレスレットのサイズ直し。
ちょっと長さが足りなかったので、1cmほど長くしました。

marujyu to c のネックレスやブレスレットは、ほぼ1点もの。
同じデザインでサイズ展開をするのは不可能なので、
気に入って頂いたものをお客様のご希望にあわせることにしてます。
基本的に、追加料金は頂いておりません。
(追加でビーズを足す時には、ちょっとご負担いただきます。)

サイズがあわないと、ついつい出番が減りませんか?
気持ちよくお使い頂きたいので、遠慮なくお伝えくださいませ。


[PR]
by marujyu-to-c | 2016-09-29 12:31 | beads | Comments(0)

鍵・愛

古い物が好きです。
今更ですが。(苦笑)
アンティークビーズを使ってアクセサリーを作るようになる前から、
骨董市などに出かけ、いろいろと探すのが楽しみでした。
とくにお気に入りだったのが「鍵」です。

高校生の頃の部室の鍵が、割としっかりとした真鍮の鍵でした。
それが「かっこいいな~」と思った一番最初の鍵。
似たようなアンティークキーを見つけてから、鍵を集めるようになりました。

PCの中でみつけた鍵コレクションの一部を紹介します。

b0249499_22011251.jpg

ヨーロッパのものですね。

b0249499_22011455.jpg

b0249499_22013371.jpg

こちらは日本。

b0249499_22011861.jpg

おまけに、京都の三十三間堂の鍵。(苦笑)
素敵♪

と、こんな感じの収集癖やマニアックぶりが、
今の制作につながっているんじゃないかと思います。(笑)


[PR]
by marujyu-to-c | 2016-09-28 22:14 | beads | Comments(0)

和鍵のキーホルダー

b0249499_19505304.jpg

和鍵 +バイカラーウラン キーホルダー

和鍵 +グリーンハート キーホルダー

2点のキーホルダーを作りました。
プレゼントにもお勧めです。





[PR]
by marujyu-to-c | 2016-09-27 20:21 | beads | Comments(0)

b0249499_19572044.jpg

ピンクカンネ&ウランガラス +グリーンカイヤナイト ブレスレット

b0249499_19572542.jpg

カイヤナイトも・・・

b0249499_19572291.jpg

ウランガラスも・・・

b0249499_19574175.jpg

ピンクカンネも・・・
どれも美味しそうなビーズです。(^-^)

b0249499_19574704.jpg

[PR]
by marujyu-to-c | 2016-09-26 20:17 | beads | Comments(0)

b0249499_22232024.jpg

糸 ウランガラス 黄 +アメジスト ネックレス

小粒ウランを間にいれた「糸」です。
marujyu to c でも人気の素材であるウランガラス。
是非とも「糸」に取り入れたいけれど・・・大きさの壁。
今回入れた小粒のウラン、少数派なんです。(T^T)

b0249499_22232799.jpg

すりガラスのようなヴァセリン玉。
オリッサブラスではさみました。

b0249499_22232450.jpg

主役のインドシードビーズもイイ感じ。
キラキラアメジストも効いてます。

b0249499_22231262.jpg

グルグルと手首に巻いてブレスレットもお勧めです♪
黄色&紫、ちょっと個性的な組み合わせかな?
私には、とても和を感じる色あわせです。
シックな装いのアクセントにどうぞ。



[PR]
by marujyu-to-c | 2016-09-25 21:02 | beads | Comments(0)

b0249499_22235349.jpg

糸 小鍵 橙 +ガーネット ネックレス

インドなどの少数民族に伝わるネックレスをばらしたシードビーズと金赤のホワイトハート、
キラキラと輝くガーネット(現行品)をあわせました。

ちょっと脱線。
インドなどの少数民族・・・曖昧ですよね?
すいません。でも、限定は出来ないのです。
ビルマ(現ミャンマー)などにも、シードビーズのネックレスは存在します。
アフリカでもそうですが、国境は人々の生活とは別に、後から引かれた線であることもあります。
なので、連がインドで仕入れたものでも、その周辺の国々からのこともあります。
それもまたアンティーク。時代を経てきたものの姿かなと思います。

marujyu to c で使用しているインドシードは、現地まで足を運び
厳選した仕入れをしているディーラーから、譲り受けたもの。
リアルオールド・シードビーズです。


ネットショップでの、インドシードビーズの解説の一部です。
ここ、私としては拘りの部分なんです。
marujyu to c としては、メインではないシードビーズもアンティークビーズを使います。
「糸」に関しては、メインですけどね。(^_-)
アンティークならではの色や質感、大切にお伝えしたいと思っています。

b0249499_22235678.jpg

話は「糸 小鍵 橙 +ガーネット ネックレス」に戻りまして。
キラキラ☆ガーネットをあわせ、絹糸のノットを結んで仕上げてます。
素朴なガラスのアンティークビーズと、現代のキラキラと輝く半輝石。
一緒に身に着けるのも素敵ですよね。

縦のラインが出るのがいいな、と思ってます。

b0249499_19105037.jpg

ちょっと色々と難アリな画像ではありますが。
長さなどの参考になればと思います。

ハイ、お掃除しっかり頑張ります。(^^;;




[PR]
by marujyu-to-c | 2016-09-25 19:53 | beads | Comments(0)

b0249499_23353012.jpg

和鍵に続き、小さな鍵もネックレストップに。
ヨーロッパの家具の鍵です。
小さな引き出しを開けるものとか?
想像が膨らみますね。

こちらは120cmの「糸」です。
やっぱりブレスレットには不向きですが、ながーいラインにトップが下がるのがカッコイイ!ネックレスです。
まだ写真を撮ってないのですけど。(^^;
明日、撮影しますね。



[PR]
by marujyu-to-c | 2016-09-22 23:34 | beads | Comments(0)

b0249499_12514238.jpg


和箪笥の鍵をトップにしたロングネックレス「糸」です。
ネックレスは、インド・ボンダ族のシードビーズに
ルドラクシャ、ヒマラヤ水晶、一粒のガーネットをあわせています。
ガラスビーズはアンティークですが、ルドラクシャと天然石は現代のものです。

b0249499_12515066.jpg

一粒だけ入れたガーネット。
色は真っ黒。形もハンドカットの為、少々ワイルド。
そして重いです。
一粒だけなので、実際にはそこまで重くないのですが(苦笑)
本来のガーネットの重さを感じる、風格ある玉です。

それとは対照的に、ルドラクシャはとても軽い。
実際に持っても軽いですし、見た目の印象も軽やかです。

b0249499_12514618.jpg

そして主役の、和鍵。
以前、金沢への出展の際、お世話になったギャラリーのオーナー様に連れて行ってもらったお店で購入しました。
さすが金沢!な量に圧倒されました。
本来、和箪笥の修理のために、合う鍵を探される方がいらっしゃるようなお店。
全部はダメよ。(無理です!)と言われながら、選んだものです。

そもそも、私は鍵好き♪
昔から骨董市では、鍵を探して歩き回ってました。
選ぶ基準は、形が可愛い。
あまり歴史的背景など考えずに、見た目で選んでました。
そんな鍵がまだあります。
ちょっとずつ、出していきますね。

話を「糸」に戻して・・・(苦笑)
紐に通しただけ!なネックレスにしました。
なので、そのままだと鍵の向きが気になる方もいらっしゃるかと思います。
そんな時は、くるっとひと結びしてください。
鍵が正面を向きますし、結び目もワンポイントになります。

b0249499_12515798.jpg

通しているのが絹糸なので、どこで結んでも、何回結んでも、あとが残りません。
いろいろと遊んでみてくださいね。



[PR]
by marujyu-to-c | 2016-09-21 13:13 | beads | Comments(0)

AOKI
ALL-STARS
2016 AUTUMN
9.1{THU}-23{FRI}

富士宮 芸術空間あおき に行ってきました。
ギャラリーの様子を一部ですが写真でご紹介しますね。

b0249499_10273122.jpg

marujyu to c からは、トレードビーズの作品を中心に。

b0249499_10273277.jpg

nidoさんのステンドグラス。

b0249499_10273398.jpg
中矢嘉貴さんの木の器。
ツノタニユリコさんの絵画。

b0249499_10273568.jpg

こちらのアクセサリーは町田和香さん。

b0249499_10273619.jpg

原明子さんのベストとお人形。
こばやしみるさんのバック。

他にも絵画など11名の作家の作品が並んでいます。

b0249499_10273785.jpg

沢山の緑に囲まれたギャラリー。
昨日は雨が降ったり止んだりのお天気でしたが、しっとりとした感じも良かったです。

b0249499_10273803.jpg

夕方、いらしてくださったお客様の車がみんな赤くてびっくり!
すごい偶然!!!

b0249499_10273951.jpg

帰り道、この雲の先には富士山があるのかな?と思いながら撮った一枚。


9月23日を最後に、25年の歴史に幕を下ろします。
オーナーご夫婦は、新天地へ。
2年ほどの短いお付き合いでしたが、とても濃く豊かな時間を頂いたと思います。
最後の展示会に参加させて頂けて、良かった。

新天地でのご活躍が楽しみです!



[PR]
by marujyu-to-c | 2016-09-19 10:25 | Comments(0)