いよいよゴールデンウィークが始まりますね。
皆様、ご予定は決まりましたか?

工房ショップの営業について、お知らせいたします。

4月29日(土)お休み

  30日(日)お休み
5月1日(月)お休み
  2日(火)11:00~20:00
  3日(水)お昼頃~17時くらいまで
  4日(木)   同上
  5日(金)   同上
  6日(土)11:00~18:00
  7日(日)お昼頃~17時くらいまで

前半はお休み、後半ゆる~く営業いたします。
お近くまでいらしたら、是非遊びにいらしてくださいませ。

web shop は休みなく、ご注文を承ります。
発送につきましては、5月2日(火)以降とさせて頂きます。
ご了承くださいませ。

楽しいゴールデンウィークをお過ごしくださいませ♪

[PR]
by marujyu-to-c | 2017-04-28 20:04 | info | Comments(0)

週末、大阪に行って参りました。
目的地はこちら。

b0249499_20025405.jpg

万博記念公園にある国立民俗学博物館で開催されているビーズ展へ。

b0249499_20024529.jpg

開館40周年記念特別展「ビーズ―つなぐ・かざる・みせる」

圧巻の展示でした。。。
会場内は撮影禁止なので、様子はリンクからご覧くださいね。

木の実や牙、歯、骨、そして虫や貝から作られるビーズ、興味深かったです。
マネキンが着た民族衣装も美しい。
上映されているビデオも面白くて、全部観ました。
2階に地域ごとに分けて並べられた沢山のビーズ、言うまでもなく素晴らしい。
博物館の底力を見た!という感じです。

最後に体験コーナーがあって、そこでタカラガイの穴あけをしました。
楽しかったです♪

この日は、総監修をされた池谷和信先生の「みんぱくウィークエンドサロンーー研究者と話そう」があり、館内を解説を聞きながら一周。
皆様の熱気もあり、熱い時間でした。(^-^)

そしてその後は、アンティークビーズに関わる方々と、池谷先生から博物館所蔵のタマサイを見せて頂きました。
海外に流出してしまう日本の文化を守りたいと仰る言葉に、胸を打たれます。

日々、アクセサリーとしてつないでるアンティークビーズは、文化を伝えるものなのだと、改めて思いました。
と同時に、昔の人々もファッションとして、身を飾るものとして、様々な工夫をしながら楽しんでいたのだとも思いました。

駆け足の一日でしたが、とても中身の濃い一日でした。









[PR]
by marujyu-to-c | 2017-04-18 20:44 | soto | Comments(0)

ターコイズについて

今日は、ターコイズについてのお話を。
marujyu to c で使っているターコイズは、ほとんどがチベットから伝わったアンティークのターコイズ。
加工のされていないナチュラルターコイズです。


b0249499_15441428.jpg


ターコイズは、もろい石なので樹脂を染込ませたりして強化しているという話は、聞いたことがあると思います。
実際、現在ビーズとして使われるターコイズの多くは加工がされています。
でもターコイズは、古代から装飾品として使われていますよね。
樹脂などを染込ませることもなく、そのままの状態で。
古代からだと数千年。
チベタンターコイズでも200~100年の年月を経て、その姿を保っています。

先日、ターコイズが好きなお客様とお話している時に、思い出して読み返した文章を引用します。


 そういうものを宝飾品として売るにはどうするかというと、樹脂を染込ませて発色させる。
 質の悪いトルコ石は軟らかくてもろいので、そうしないと加工に耐えないという理由もある。

 【鉱物と宝石の博学事典】 堀 秀道 編著 より


現代のものの質が全て悪いということでなく、古えのターコイズの質が良かったということなのだと思います。
質が良い石だからこそ、長い年月を経てもその姿を保っているのだと。

アンティーク・ターコイズ、上質のターコイズです!
と自信を持って、お勧めいたします。

石大好き!なアンティークビーズアクセサリー店主からでした。(^-^)


[PR]
by marujyu-to-c | 2017-04-08 15:45 | beads | Comments(0)

黄色の「糸」

アジアに伝わるネックレスから作ったロングネックレス「糸」
制作途中の様子をinstagramにアップしたので、こちらでも紹介いたしますね。

b0249499_16143354.jpg

今回は、数種類の黄色の連をばらし、ミックスしました。
元の留め金、素朴な作りですね。
でもしっかりと糸が巻かれていてます。

b0249499_16143011.jpg

「糸」には、絹糸を通しています。
小さいビーズの場合は2本、ボンダのような大きなサイズの時には4本の糸を通しています。
絹糸を通しているので、結んでも跡が残りません。

b0249499_16144049.jpg

ビーズの際にノットを結びます。
結び目があることで、もし糸が切れてもビーズの飛散を最小限に抑えられます。

b0249499_16143606.jpg

糸始末をして完成。

b0249499_16150656.jpg

春らしい、明るい「糸」になりました。

b0249499_16150032.jpg

糸 オールド珊瑚&オリッサブラス 黄mix ネックレス

[PR]
by marujyu-to-c | 2017-04-01 16:35 | beads | Comments(0)