小粒ルドラクシャネックレス&ブレスレット

小粒のルドラクシャと古代瑪瑙で、ネックレスとブレスレットを作りました。

b0249499_20585694.jpg


ネックレスは、108粒のルドラクシャの間にノットを結び、仕上げました。
留め金には、古代瑪瑙を。

b0249499_20592835.jpg


ブレスレットも、同じようなノットを結ぶ作り方で。
留め金には、やはり古代瑪瑙。
ワンポイントに、インドシルバーのマンゴモチーフを添えました。

どちらも、ルドラクシャの間を結ぶ手法で仕上げています。
この手法の良いとこは・・・

絹糸を使うことで生まれるしなやかさが魅力です。
結び目を作ることで、糸が切れた時、ビーズが飛散するのを防ぐことが出来ます。
(結び目が見えなくても、隠しノットを結んでいるものもあります。)
また、ビーズ同士が触れ合うことなく、傷が付くことを防げるという面もあります。

とアンティークビーズに優しく、身に漬ける人にとっても、心地よい仕上がりになる手法です。
そして機能的な利点だけでなく、私は、間に見える糸の色も楽しみたいなって思っています。

絹糸で仕上げたアクセサリーの心地よさ。
楽しんで頂けたらと思います。


糸なので・・・
お使い頂いている間に、緩んできたり、切れてしまうこともあります。
その時は、お直しをしますので、ご連絡くださいね。
長く長く受け継がれてきたアンティークビーズたち。
そのままにせず、作り直して、また長く長くつなげて頂けたらと思います。
[PR]
by marujyu-to-c | 2012-12-03 21:07 | beads | Comments(0)