カテゴリ:beads( 334 )

細く組んだブレスレット

b0249499_19002211.jpg

b0249499_19002550.jpg

細く細く、蝋引き紐を組んで作ったブレスレット2点です。

b0249499_19020366.jpg

b0249499_19020006.jpg

b0249499_19020515.jpg

アメジストを含む古代水晶のブレスレットは、色味も抑えて。


b0249499_19021569.jpg

b0249499_19021862.jpg

グレー、ベージュ、白の古代瑪瑙は、紐に編み込みました。



by marujyu-to-c | 2019-03-15 20:02 | beads | Comments(0)

b0249499_19023678.jpg

アンティークビーズで黄色のガラス、と言えば・・・
このウランガラスを思い浮かべる方も多いのでは?

明るい黄色が、元気をくれる気がします。

b0249499_19011077.jpg

滑らかに摩耗したインドの真鍮ビーズ、オリッサブラスを添えました。

b0249499_19010732.jpg

b0249499_19011401.jpg




by marujyu-to-c | 2019-03-15 19:25 | beads | Comments(0)

b0249499_19001894.jpg

アフリカ・マリ共和国の都市、ジュンネで出土した瑪瑙に、
ヴェネチアで作られ、アフリカ・サンブル族に渡ったホワイトハートを並べました。

b0249499_19003859.jpg

b0249499_19003655.jpg

飴色の瑪瑙に、滑らかなホワイトハート。
石もガラスも滑らかで艶やかです。
身に着けた時の心地良さ、楽しんで頂けますように。




by marujyu-to-c | 2019-03-15 19:19 | beads | Comments(0)

b0249499_19001429.jpg

アフリカ・マリ共和国の都市、ジュンネで出土した瑪瑙に、
同じくこの地から出土した青いガラスビーズを並べました。

b0249499_19004863.jpg

b0249499_19005033.jpg

b0249499_19005767.jpg

瑪瑙の脇には、インドパシフィックビーズを配しました。
様々な青をお楽しみくださいませ。







by marujyu-to-c | 2019-03-15 19:14 | beads | Comments(0)

b0249499_15163887.jpg

b0249499_15163649.jpg

古代玉を、蝋引き紐に編み込んだブレスレットを作りました。
古代ラピスラズリ、古代カーネリアン。
美しい玉ですが、4本の紐が通らない玉も多く・・・
そんな玉を集め、編み込みで仕上げました。

b0249499_15172265.jpg

b0249499_15170302.jpg

b0249499_15170609.jpg

b0249499_15170922.jpg



四つ組の紐に通した時とは、また違う表情になり、個性的なブレスレットに仕上がりました。

ここでご紹介する前に、ご縁を頂いたブレスレット。
約3mmの古代瑪瑙、古代カーネリアン、古代ラピスラズリのブレスレットです。

b0249499_15163420.jpg

b0249499_15165631.jpg

ここまで小さな古代玉を集めた品は、なかなか無いかと。
お選び頂けたことに、感謝です。


by marujyu-to-c | 2019-02-25 15:31 | beads | Comments(0)

Bead Art vol.28 掲載作品

b0249499_12182152.jpg

 
タイトル【変容】

Bead Art vol.28 発売となっております。
今回の誌上ギャラリーの作品は「変容」
アンティークビーズを使って作られた、既存のネックレスをばらし、

新たなネックレスに作り変えることが、今回のミッション。


b0249499_12184092.jpg


ほんと、悩みました。。。
まずは、その色・ボリュームに圧倒され、立ち止まりました。

どうしよう、どうしよう、と思いながら首に掛けてみたら、
意外にすっと収まってしまい、アッこれでいいんだ、と納得し・・・
またまた立ち止まってしまいました。

その後の歩みについては、誌上にてご覧くださいね。


b0249499_12181761.jpg

b0249499_12183095.jpg


いつもとは違うアプローチで、沢山周り道をしましたが、それなりに着地出来たように思います。

ご覧いただけましたら、幸いに思います。


Bead Art http://www.bead-society.com/beadart.html

FBページ  https://www.facebook.com/BeadArtMagazine/

by marujyu-to-c | 2019-01-28 12:22 | beads | Comments(0)

b0249499_11515388.jpg

紀元前の品、ステアタイト。
印章印筒やスカラベなどの素材として使われていました。
まだまだ謎の多い素材です。

2000年以上も前の品でありながら、その精密な細工に心奪われます。
護符である証の二重円紋も施されています。

b0249499_11524038.jpg

b0249499_11532299.jpg


b0249499_11524479.jpg

b0249499_11531197.jpg


天然石(現行品)をあわせ、K18ピアス金具&ワイヤーで仕上げました。
古代ロマンを身に着ける贅沢を味わってくださいませ。


by marujyu-to-c | 2018-12-15 14:43 | beads | Comments(0)

K18のネックレス

元々、護符として使われていた古代玉やアジア渡の石たちは、
お守りのように身に着けていたい、というご希望が多いです。
最近は、金属アレルギーの方もいらっしゃり、
そのような方にもアクセサリーを楽しんで頂きたいとの思いもあり、
marujyu to c では、肌に優しい蝋引き紐を多用しています。

でも、カジュアルで仕事中には身に着けられないとのお声を頂いていたのも事実。
オンとオフ、どちらのシーンでもお使い頂ける品を作りたいと思っていました。

b0249499_14190421.jpg

その思いを叶える為、K18チェーンのネックレスを制作しました。

カットの施されていない、シンプルなチェーンを選びました。

K18ならではのしなやかさも魅力です。

K18を使うことで、お値段は可愛くない仕上がりになってしまいましたが、

クリスマスシーズンの今、頑張った自分へのご褒美にいかがでしょうか?

お値段に値する満足をお届け出来ると信じております。


b0249499_11554378.jpg


b0249499_11572544.jpg



b0249499_11565409.jpg


b0249499_11564863.jpg


薬師玉 & 金 +珊瑚 ネックレス


アンティークビーズアクセサリー marujyu to c



by marujyu-to-c | 2018-12-15 14:33 | beads | Comments(0)

オーダー ブレスレット

オーダーのお品を3点、ご紹介いたします。

b0249499_17245227.jpg

お手持ちの玉をお預かりし、2本のブレスレットをお作りしました。
それぞれに金赤ホワイトハートとチンシルバーを使用しました。

b0249499_16221213.jpg

穴の大きな琥珀です。
とても良い艶。
心地よい琥珀です。

b0249499_16221570.jpg

こちらのルドラクシャも貫禄のある玉ですね。
存在感があります。

金赤ホワイトハートをクロッシェで仕上げ、琥珀&ルドラクシャに負けない、ボリュームのあるブレスレットに仕上げました。

b0249499_16220732.jpg

水晶&カーネリアンは、等間隔に並べてすっきりと。
シンプルな仕上がりにしました。

2本を重ねても、1本ずつでも楽しんで頂けるようにとデザインしました。

b0249499_16215672.jpg

こちらは、小さなルドラクシャとウランガラスのブレスレットです。

b0249499_16215958.jpg

この佇まい。
いいですね。

b0249499_16220340.jpg

合わせたのは、ヴェネチアのカンネ。
こちらも可愛らしい玉です。
それぞれの個性が程よく交じり合って、カッコよく仕上がりました!

お手持ちの玉をお預かりしてのオーダーも
お好みの玉を選んでのオーダーも、承っております。
こんなの欲しいな、がありましたら、どうぞご相談くださいませ。



by marujyu-to-c | 2018-11-16 17:36 | beads | Comments(0)

b0249499_14410507.jpg

10月末はバタバタとして、お知らせが遅くなってしまいました。
Bead Art vol.27 発売となっています。



誌上ギャラリー“Re”の掲載作品は、乾隆玉を使ったロングネックレスです。

b0249499_14411177.jpg

細工の美しい乾隆玉。
ヨーロッパからの影響を受けていることは確かですが、
それだけではなく、中国ならでは様式美を感じます。

b0249499_14412812.jpg

この作品を作るにあたり、清朝についての歴史書を読みました。
画像が沢山の本ですが。
そこに載っていた皇帝が身に着けていたネックレス。
丸玉を連ね、ポイントになる玉が左右とトップに3玉配されたロングネックレスでした。
今回の作品は、そのデザインをもとにあこや真珠やシードビーズなどを加えてアレンジをしました。
繊細な作りの一玉から広がった、故宮へのイマジネーションが伝わればと思います。

b0249499_14410770.jpg

余談ですが、数年前に、雍正帝から最後の皇帝、愛新覺羅‧溥儀まで伝わったと言われる
淡水真珠とヒスイのネックレスが、数億で取引されたとか。
これが歴史の値段というものなのですね。




by marujyu-to-c | 2018-11-04 19:45 | beads | Comments(0)