カテゴリ:beads( 326 )

オーダー ブレスレット

オーダーのお品を3点、ご紹介いたします。

b0249499_17245227.jpg

お手持ちの玉をお預かりし、2本のブレスレットをお作りしました。
それぞれに金赤ホワイトハートとチンシルバーを使用しました。

b0249499_16221213.jpg

穴の大きな琥珀です。
とても良い艶。
心地よい琥珀です。

b0249499_16221570.jpg

こちらのルドラクシャも貫禄のある玉ですね。
存在感があります。

金赤ホワイトハートをクロッシェで仕上げ、琥珀&ルドラクシャに負けない、ボリュームのあるブレスレットに仕上げました。

b0249499_16220732.jpg

水晶&カーネリアンは、等間隔に並べてすっきりと。
シンプルな仕上がりにしました。

2本を重ねても、1本ずつでも楽しんで頂けるようにとデザインしました。

b0249499_16215672.jpg

こちらは、小さなルドラクシャとウランガラスのブレスレットです。

b0249499_16215958.jpg

この佇まい。
いいですね。

b0249499_16220340.jpg

合わせたのは、ヴェネチアのカンネ。
こちらも可愛らしい玉です。
それぞれの個性が程よく交じり合って、カッコよく仕上がりました!

お手持ちの玉をお預かりしてのオーダーも
お好みの玉を選んでのオーダーも、承っております。
こんなの欲しいな、がありましたら、どうぞご相談くださいませ。



[PR]
by marujyu-to-c | 2018-11-16 17:36 | beads | Comments(0)

b0249499_14410507.jpg

10月末はバタバタとして、お知らせが遅くなってしまいました。
Bead Art vol.27 発売となっています。



誌上ギャラリー“Re”の掲載作品は、乾隆玉を使ったロングネックレスです。

b0249499_14411177.jpg

細工の美しい乾隆玉。
ヨーロッパからの影響を受けていることは確かですが、
それだけではなく、中国ならでは様式美を感じます。

b0249499_14412812.jpg

この作品を作るにあたり、清朝についての歴史書を読みました。
画像が沢山の本ですが。
そこに載っていた皇帝が身に着けていたネックレス。
丸玉を連ね、ポイントになる玉が左右とトップに3玉配されたロングネックレスでした。
今回の作品は、そのデザインをもとにあこや真珠やシードビーズなどを加えてアレンジをしました。
繊細な作りの一玉から広がった、故宮へのイマジネーションが伝わればと思います。

b0249499_14410770.jpg

余談ですが、数年前に、雍正帝から最後の皇帝、愛新覺羅‧溥儀まで伝わったと言われる
淡水真珠とヒスイのネックレスが、数億で取引されたとか。
これが歴史の値段というものなのですね。




[PR]
by marujyu-to-c | 2018-11-04 19:45 | beads | Comments(0)

b0249499_17511269.jpg

アジアの少数民族に伝わったネックレスのビーズを使って作りました。

b0249499_17530664.jpg

ナガランドのネックレス。

b0249499_17532314.jpg

この中から、小さいサイズの連を選び、新たに絹糸を通し直しました。

b0249499_17512158.jpg

キラキラとカットの入ったアマゾナイト(現行品)と、小さなメタルビーズを間に入れています。
両脇には、ノットを結びました。

1連でも、2連にしても、お使い頂けます。
手首に巻いて、ブレスレットとしてもお勧めです。

b0249499_17511879.jpg

b0249499_17512550.jpg

糸 アマゾナイト 水色 ネックレス

アンティークビーズアクセサリー marujyu to c


[PR]
by marujyu-to-c | 2018-08-20 17:59 | beads | Comments(0)

b0249499_17251337.jpg

一見、真っ黒に見える薬師珠なのですが。
よく見れば・・・

b0249499_17252127.jpg

美しい縞模様。

b0249499_17245006.jpg

護符として大切な「目」もあります。

b0249499_17251700.jpg

艶の美しいチベタンターコイズを添えました。

インドのシルバー&ブラスビーズを添えて仕上げています。

b0249499_17253090.jpg

薬師珠もチベタンターコイズも小振りな石ですが、その魅力はとても大きいです。

b0249499_17254601.jpg

こちらで紹介する前に、必要とする方のもとに旅立ちました。
ご縁に感謝いたします。

アンティークビーズアクセサリー marujyu to c



[PR]
by marujyu-to-c | 2018-08-20 17:32 | beads | Comments(0)

b0249499_16340720.jpg

透明感あるブラウンに繊細な縞模様。
整った形の古代瑪瑙です。
ステアタイトを添えて、ブレスレットにしました。

b0249499_16343474.jpg


b0249499_16344350.jpg


b0249499_16343973.jpg


古代瑪瑙には、薄く削いだような跡があります。
人為的なものでしょうか?

b0249499_16343092.jpg


興味深いですね。

蝋引き紐をまとめるのは、青のインドパシフィック。
ここにもステアタイトを添えました。

b0249499_16344760.jpg


2000年を超えて、今に伝わった奇跡。
歴史ロマンを身に着けてくださいませ。

b0249499_16350078.jpg

[PR]
by marujyu-to-c | 2018-08-20 17:18 | beads | Comments(0)

b0249499_16212632.jpg

スクエアーのエッチドカーネリアンを2玉、その他に古代瑪瑙とインドパシフィックビーズを合わせたロングネックレスです。
長さは、約120cm。
2連にしてもお使い頂けます。

b0249499_16212093.jpg

b0249499_16213995.jpg

b0249499_16214314.jpg

b0249499_16213425.jpg

b0249499_16213104.jpg

双子のローマングラスも隠れてます。

古代のロマンを、いつもの装いに取り入れてみませんか?

エッチドカーネリアン & 古代瑪瑙 + インドパシフィック ネックレス

アンティークビーズアクセサリー marujyu to c



[PR]
by marujyu-to-c | 2018-08-20 16:27 | beads | Comments(0)

b0249499_20482846.jpg

ペタンと平たいチベタンターコイズ。
とても収まりの良い形です。

b0249499_20481674.jpg

b0249499_20475404.jpg

ミゾラムカーネリアンとゴールドビーズを添えました。

b0249499_20481994.jpg

相性の良いものを選び、合わせていく。
それだけで美しい。

身に着けていると落ち着く、そんなネックレスを目指しています。

緒 チベタンターコイズ & ミゾラムカーネリアン +金 ネックレス

アンティークビーズアクセサリー marujyu to c

[PR]
by marujyu-to-c | 2018-08-20 16:19 | beads | Comments(0)

b0249499_20490757.jpg

透明感の美しい古代水晶のブレスレットです。
古代水晶は蝋引き紐で仕上げることが多く、ホワイトハートとつないだことは無かったかも。

b0249499_20490381.jpg

小さな木の実とオリッサブラスを添えました。

b0249499_20484675.jpg

ホワイトハートは、手持ちで一番小さなサイズ。
ヴェネチアから、アジアに渡りネックレスとなっていたものです。

b0249499_20491025.jpg

この小ささ、お分かり頂けるでしょうか?
こんなに小さいのに2層構造。
ヴェネチアの職人さん、素晴らしい!

透明な古代水晶と繊細な赤のブレスレット。
可愛らしいと思います。

b0249499_20491623.jpg

アンティークビーズアクセサリー marujyu to c

古代水晶 & 極小ホワイトハート ブレスレット


[PR]
by marujyu-to-c | 2018-08-06 19:45 | beads | Comments(0)

Bead Art vol.26 美味

Bead Art vol.26 が発売になりました。
誌上ギャラリーre にネックレスを掲載して頂いてます。

タイトル [美味]

b0249499_19552241.jpg

メインは、トップのインドネシア蜜柑玉。
さて、ちょっと回り道を・・・
この作品の制作に入る前、雑穀を使ったレストランで展示会をしていました。
接客が途切れた時「どんな風に仕上げようか」と構想を巡らしていたのですが、
その時目に入ってきたのが、雑穀の写真。
たわわに実る穂は、黄金色でした。
稲穂も黄金色ですよね。

アンティークビーズの話に戻りますね。
蜜柑玉を見た時、バナナとかマンゴのような南国の果物を思い出したんです。
美味しそうだなって。

b0249499_21390398.jpg

まったりとした甘みを感じる黄色と、エネルギーになる粒々の黄色。
黄色って、食欲の色?
という考えが浮かびました。
生きていく為に必要な「食」
そこにつながる黄色を、豊穣を祈る気持ちで身に付けたのでしょうか?

そんな思いから生まれたネックレスです。

ちなみに留めは、バナナの種です。
使い込まれて艶々になったバナナの種。
このネックレスには、ぴったりの素材です!

タイトル「美味」は、
日本語で「びみ」そして、中国語で「メイウェイ」
同じ意味、同じ漢字というのも、文字の文化を感じました。

美味しそうに、仕上がったでしょうか?


[PR]
by marujyu-to-c | 2018-07-17 22:21 | beads | Comments(0)