b0249499_16340720.jpg

透明感あるブラウンに繊細な縞模様。
整った形の古代瑪瑙です。
ステアタイトを添えて、ブレスレットにしました。

b0249499_16343474.jpg


b0249499_16344350.jpg


b0249499_16343973.jpg


古代瑪瑙には、薄く削いだような跡があります。
人為的なものでしょうか?

b0249499_16343092.jpg


興味深いですね。

蝋引き紐をまとめるのは、青のインドパシフィック。
ここにもステアタイトを添えました。

b0249499_16344760.jpg


2000年を超えて、今に伝わった奇跡。
歴史ロマンを身に着けてくださいませ。

b0249499_16350078.jpg

[PR]
# by marujyu-to-c | 2018-08-20 17:18 | beads | Comments(0)

b0249499_16212632.jpg

スクエアーのエッチドカーネリアンを2玉、その他に古代瑪瑙とインドパシフィックビーズを合わせたロングネックレスです。
長さは、約120cm。
2連にしてもお使い頂けます。

b0249499_16212093.jpg

b0249499_16213995.jpg

b0249499_16214314.jpg

b0249499_16213425.jpg

b0249499_16213104.jpg

双子のローマングラスも隠れてます。

古代のロマンを、いつもの装いに取り入れてみませんか?

エッチドカーネリアン & 古代瑪瑙 + インドパシフィック ネックレス

アンティークビーズアクセサリー marujyu to c



[PR]
# by marujyu-to-c | 2018-08-20 16:27 | beads | Comments(0)

b0249499_20482846.jpg

ペタンと平たいチベタンターコイズ。
とても収まりの良い形です。

b0249499_20481674.jpg

b0249499_20475404.jpg

ミゾラムカーネリアンとゴールドビーズを添えました。

b0249499_20481994.jpg

相性の良いものを選び、合わせていく。
それだけで美しい。

身に着けていると落ち着く、そんなネックレスを目指しています。

緒 チベタンターコイズ & ミゾラムカーネリアン +金 ネックレス

アンティークビーズアクセサリー marujyu to c

[PR]
# by marujyu-to-c | 2018-08-20 16:19 | beads | Comments(0)

b0249499_20490757.jpg

透明感の美しい古代水晶のブレスレットです。
古代水晶は蝋引き紐で仕上げることが多く、ホワイトハートとつないだことは無かったかも。

b0249499_20490381.jpg

小さな木の実とオリッサブラスを添えました。

b0249499_20484675.jpg

ホワイトハートは、手持ちで一番小さなサイズ。
ヴェネチアから、アジアに渡りネックレスとなっていたものです。

b0249499_20491025.jpg

この小ささ、お分かり頂けるでしょうか?
こんなに小さいのに2層構造。
ヴェネチアの職人さん、素晴らしい!

透明な古代水晶と繊細な赤のブレスレット。
可愛らしいと思います。

b0249499_20491623.jpg

アンティークビーズアクセサリー marujyu to c

古代水晶 & 極小ホワイトハート ブレスレット


[PR]
# by marujyu-to-c | 2018-08-06 19:45 | beads | Comments(0)

新しいお店


新しいお店、ほぼ整いました。

b0249499_18513055.jpg

b0249499_18560469.jpg

b0249499_18513787.jpg

b0249499_18562375.jpg

b0249499_18561322.jpg

b0249499_18562863.jpg

広くなり、ゆったりとアンティークビーズのアクセサリーをご覧いただけるようになりました。
お近くまでいらっしゃることがございましたら、どうぞお立ち寄り下さいませ。

東京都新宿区改代町22 佐藤荘102
工房ショップについて

9月になりましたら、ワークショップの開催を考えています。
内容など決まりましたら、お知らせいたしますね。
新しいスタートをきりました marujyu to c を、どうぞよろしくお願い致します。




[PR]
# by marujyu-to-c | 2018-08-06 19:09 | uti | Comments(0)